« シンガポールでもナシ・ブンクス | トップページ | シンガポールでTVRI »

2012年8月21日 (火)

シンガポールのタクシー運転手

ここでシンガポールのタクシーについて、語る話は普通はない。
しかし、ホテルからセントーサに向けて利用したタクシーの運転手は、実はインドネシアに関係していた。
見た目がインド人で、生まれも育ちもシンガポールだろうと、助手席に座ると聞いているラジオがWARNA FMと表示されて何か微妙だった。
しかし、気軽にいきなりあなた何系?と聞くのも変と、普通に会話していて、ラジオからはHARI RAYA~~とマレーシアの音楽。
しかし、顔つきはインド人の要素が強く、マレーシアに移民した家族で、運転手の仕事でシンガポールに移ってきたのかとか予想してみる。
子供が何人で何歳とかの話になると、なんだかインドネシアらしさがあるな~と。
曾おじいさんはインドから来たと、やはりインド系は合っていた。
そして曾おばあさんは~
インドネシアのソロからというから、少しびっくり。
なんだ~やはり会話のどこかにインドネシア人らしさがあるなと、そしてら彼の奥さんはベンテン出身でジャワ人で自分もジャワ語まで出来るとインドネシア語に向こうも切り替えて、いきなりこちらもインドネシア語モードに。
息子さんは二人とも成人して、空港で働いて楽になったよ。
セントーサに着くが、ユニバーサルスタジオ方面の表示が少なく、少し迷ったのもご愛敬で、プラン・プランや~とインドネシアでタクシーに乗っているよう。
新しいカジノと隣接しているから、ここでOKだろうと。
運転ご苦労様でした。

« シンガポールでもナシ・ブンクス | トップページ | シンガポールでTVRI »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンガポールでもナシ・ブンクス | トップページ | シンガポールでTVRI »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ