« インドネシア音楽はTIDAK APA-APA 20120817 | トップページ | シンガポールでもナシ・ブンクス »

2012年8月18日 (土)

シンガポール行きの飛行機は


シンガポールへの家族旅行で関西から台湾を経由して、当日中にはシンガポールへ到着して6万円くらいの割安のフライトである。
このCHINA AIRは前にも、デンパサール行きの安いフライトで使って、そのときにはトランジットの時間が長くて苦労してが、今回はトランジットも短い。
お盆を過ぎていて、関西空港は空いていた。
がらがらではなかったが、8月の混雑ではない。
予定時刻に台北に到着して、ターミナルの移動は少し歩くが目的のゲートにたどり着いたら、雰囲気が少し違うようにも感じられて、ゲートが変更になったのか確認するとSINGAPOREの文字にSURABAYAの文字も見えている。
前に別の台湾にEVA AIRでスラバヤに行ったことがあったので、この後にスラバヤ行きが来るのかと思ったら、どうもシンガポールを経由してスラバヤまで飛ぶということであった。
後で機内誌で確認したら、ジャカルタ行きは台北・香港・ジャカルタとなっていて、効率良く機内は割と人が多く乗っていた。
考えたらインドネシア人はラマダーン明けの、帰省の時期であるのだった。
関西・台湾も、台湾人の乗客の割合が多かったし、その後は日本人の声は聞こえてこないようである。
シンガポールに9時頃の到着で、スラバヤには夜中だが関西から同じ6万円であればそれでも損はないかもしれない。
バリ島のフライトは高いから、今度はこのスラバヤ行きで安く済ませて、バリ島から1万円くらいで知り合いに迎えに来てもらえば、それも悪くはないだろうかとも考えてみる。

« インドネシア音楽はTIDAK APA-APA 20120817 | トップページ | シンガポールでもナシ・ブンクス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インドネシア音楽はTIDAK APA-APA 20120817 | トップページ | シンガポールでもナシ・ブンクス »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ