« インドネシア音楽はTIDAK APA-APA (第134回) | トップページ | ASTRIDがニューアルバムの準備 »

2009年4月 4日 (土)

INDONESIASELEBRITI.COMのチャートより

1 Ran feat Sheila
Tunjukkan Cintamu
2 Chandra Feat. Sheila Madjid
Ingatlah Diriku
3 Naff
Bila Nanti Kau Milikku
4 Five Minutes
Semakin Ku Kejar Semakin Kau Jauh
5 Vidi Aldiano
Status Palsu
6 CAS
Cinta Denganmu
7 Maliq & D'esentials
Pilihanku
8 Gruvi
Masih Mencintaimu
9 La Luna
Sesali Tak Sejak Dulu
10 The Changcuters
Main Serong

女性ボーカルのバンドLA LUNAが入っていますね
結構、好きなバンドです
CASはなんだろ~、新しいバンドなんでしょうか
テレビ番組のDAHSYATでは、MAIAが1位ですが極端に違いがあります


数年前には人気バンドだった/RIFですが、そろそろ新しいアルバムを
まだ準備段階のようですが、GIGI15周年にゲストで出演の時にメディアに報告
今回はPOP MELAYUの要素が強くなるようです

そんな(どんな)バンドのGIGIですが、15周年記念に名古屋に来る?
5月ですから、後1ヶ月じゃん
去年も、5月に誰か来てましたよね、NAFFでしたっけ
インドネシアのほうで報道がされているのわけはなく、ブログで教えていただきました
まかし~~~


音楽とは関係ないのですが、女優タレントNIA RAMADHANIが過労でしょうか
入院中ですが、ALISAの収録は大丈夫でしょうか
ドラマの収録以外にも、お父さんが政治家であるので選挙の応援活動もやっていました
そりゃ~大変だよね

私も昔、リンダ困っちゃうの方が応援している姿は見た事がありますが。。
インドネシアとは関係ないような話ですが、インドネシアも宗教色の強い政党は多いようです

NIAは最初はARDIANSYAH BARKRIEの名前でデビューして
ホラー映画やドラマHIKAMAHなどで人気者の仲間入りの18歳
悪いほうのいじめ役も、いいほうの役も、両方いい感じで演技が出来るのが特徴的です
お金持ちの家の子で、かわいいけど、それだけで終わる存在でもないとおもいます
バンド関係の男の子とのゴシップなどもありましたね


そんな盛り上がりのあるPEMILUこと、選挙ですが
小耳に挟んだ話なんですが、バリ島の一般の方のお話です

バリ島の人が、よくセレモニーに行くのにトラックの荷台とかに大勢で乗っていたりします
危ね~と思うんですが、事故になる場合もあって、腕を怪我して通院する羽目に
シンガラジャの人で、あそこへ行くには曲がりくねった道が続くし、雨多いし
普段でも厄介な場所柄でもあるんでしょう

3月のガルンガンとクニンガンとニョピが一遍に来ていた3月で、いろいろ大変だったようですが
何が選挙に関係するかというと、通院のお金ですね
31に投票するという条件で、通院費が無料になったらしいのです
その政党は、現職の大統領の所属ですが、そんな事にまでお金を使っているんですね

今回は無関心な人も、前に比べて増えているのも現実みたいだし
28の方が伝統的には、人気の強いバリ島ですが
今回は31に投票して、ヨドヨノさんが続投という意見の人も増えているかも

そのユドヨノさんのキャンペーンですが、4月4日の北ジョグジャカルタで歌を披露したそうです
UNGU-PASHAと一緒に、DEMOKRAT BERJUANG UNTUK RAKYATを披露して、
バンドA&BACKBONEとは彼らの大ヒットのSEMPURNAを歌い上げたそうです
SEMPURNAの部分は、当然というのかDEMOKRATに歌詞が変えられていたそうです
なかなかいいアイディアじゃないでしょうか、センスありますよね


1週間ほど前になくなったコメディアンのTIMBUL氏
その在籍していたグループSRIMULATをYOUTUBEで検索したら、日本人の映像も
これはあの有名なドリフターズなんですが、日本のSRIMULATと(多分インドネシア人から)紹介
確かに舞台で、歌あり笑いありでの内容は共通点が多いのかもしれませんね

その日本のドリフも、番組の中で音楽を取り入れたコントなんかも有名ですよね
アメリカのR&Bをそのまま使っての、ひげダンスというやつですが
当時、私がギターのレッスンを受けていた先生も、そのときだけのバックバンドをやっていたんです
今でも当時の映像がテレビに出てきますが、なつかしいやらなんやらでしょうか

ドリフに比べると、メンバーは多いし流動的でもあったようですが
インドネシアの年配のコメディアンで、このSRIMULATに関与している人は多いようです

« インドネシア音楽はTIDAK APA-APA (第134回) | トップページ | ASTRIDがニューアルバムの準備 »

TIDAK APA2」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ